• yoshifumi inagaki

四十肩・五十肩



<このようなお悩みではありますか?>

☆肩の上りが悪い

☆肩を動かすとズキっとした痛みがある

☆背中に手が回らない

☆寝ている時に肩の痛みで起きてしまう

☆肩~腕にかけて痛みが走る


<四十肩・五十肩以外での肩の痛み>

・腱板損傷、断裂  ・石灰沈着性腱板炎

※石灰沈着性腱板炎の場合、病院の受診を促します。症状によって施術方法がことなり、

 早期回復を考えご説明・提案をいたします。


<四十肩・五十肩の原因>

関節を構成する骨、軟骨、靱帯や腱などが老化して肩関節の周囲に組織に炎症が起きることが主な原因と考えられています。

肩関節の動きをよくする袋(肩峰下滑液包)や関節を包む袋(関節包)が癒着すると、

さらに動きが悪くなります。


<症状・特徴>

急性期:痛みが強い時期です。無理をして動かさないほうがいいです。

拘縮期:関節可動域の制限が狭くなる時期で、徐々に急性期より痛みは軽減してきます。

回復期:痛みも可動域制限ともに軽減してきますが、完全回復まではいかない時期です。


結髪動作:髪の毛を梳かす動作で痛みがでやすいです。

結帯動作:エプロンの紐を後ろで結ぶ動作で痛みがでやすいです。

夜間痛:夜中に肩がズキズキ痛み、ときには寝れないこともあります。


<当接骨院の四十肩・五十肩施術!>

深部までアプローチをする機器で早期に痛みを改善・回復することを第一に、

患部の癒着にアプローチをするHYPERVOLTを使用します。

(この機器がとても素晴らしく是非受けていただきたい施術です😌)

痛みの軽減後は、インナーマッスルの改善をしていき、再発しにくい

身体つくりをしていきます。


四十肩・五十肩を放置しておくと肩関節が動かなくなってしまいます。

早期の施術をオススメします!!!

お電話、LINEでのご予約を承ってます😄

ご相談ください!


最新記事

すべて表示

川崎市多摩区で、交通事故によるむち打ちや怪我施術に力を入れています! この時期は日差しが強く交通事故の原因になってしまうことがあります。 雨や濃霧などの悪天候で運転中の視界が遮られるケースは多々ありますが、 それよりも注意が必要なのが太陽の眩しさです😨 普通の天候と比較して、太陽光が明るすぎると自動車の衝突は16%増加し、 年間に数千件単位での事故が発生しているそうです!! 日差し対策には『サン

雨が降る前につらくなるや降り始めにつらくなるなど、 天気によって体調の変化を感じる方! 下記にあてはまることはありませんか? ▢ 雨天時に体調不良が起こることがある ▢ 普段から首や肩にお悩みがある ▢ 乗り物酔いしやすい ▢ 姿勢が悪い ▢ あまり運動習慣がない ▢ 仕事や生活の中でストレスを感じている ▢ 冷えに悩んでいる ▢ 食いしばりがある 3つ以上当てはまる場合は、すぐに施術しましょう!

スムーズに進んでいる時は、快適に運転できると思います。 ただし、ゴールデンウイークに車で外出をされた方で渋滞にハマってしまった💦 このようなことがあると思います!! イライラとしていませんでしたか?? この渋滞時は自由走行時よりも、事故リスクが約7倍も高くなるそうです!! 知っていましたか??? 渋滞時の事故を起こしてしまう可能性として 1.前後との車との車間距離が短くなっている事と強引な車線変