• yoshifumi inagaki

熱中症対策していますか?


当接骨院では、川崎市多摩区で交通事故によるむち打ちや怪我施術に力を入れております。

早期対応が、後遺症を残さないために重要です。


今回は、『熱中症』についてです!

暑い日が続いていますが、どのような対策をしていますか?

首や顔を冷やす方もいると思います。

今年は、『手のひら』を冷やしてみてください👐👐👐


こんなことをしていませんか???

真冬の寒いとき、手のひらをストーブや暖炉のに向けいませんか。

『手のひらには動脈と静脈がつながっている特殊な血管があります。

 そのため手のひらで冷やされた血液は、静脈を通って心臓へ戻ります』

 →深部体温を高めようとします。

反対に、猛暑では体温が上昇した場合は、手のひらを冷やすことで、

冷やされた血液が素早く身体を巡り深部体温を下げます。


首を冷やすことも熱中症予防には有効です。

ただ、注意していただきたいのは、首の前側や太ももの動脈は深いところにあり、

冷やすのに時間がかかることがあります。

また、冷えすぎると交感神経が優位になり、筋肉が硬くなってしまいます。

スポーツをしている方は、スイングの乱れや運動機能が下がってしまいます。


手のひらの特殊な血管は、動脈に比べれば圧倒的に細いため、冷えすぎにくいと言われています。浅いところを通っているため皮膚からダイレクトに冷やせます。


【手のひら】を冷やすを習慣にしてみましょう!!!

最新記事

すべて表示

川崎市多摩区で交通事故によるむち打ちや怪我施術に力を入れております。 早期対応が、後遺症を残さないために重要です。 運転中のイライラが免疫力低下に関係してしまうこともある!! 強いストレスを感じた直後には免疫力が一気に下がることが医学的にも証明されています。イライラしている時には感染リスクも高まる可能性がたかくなります。 このような運転をしていませんか?? ✅長時間の休憩なしの運転 ✅寝不足状態で

川崎市多摩区で交通事故によるむち打ちや怪我施術に力を入れております。 早期対応が、後遺症を残さないために重要です。 安全運転を心がけることの項目として <運転の制限> ・3つの控える行動 1.夜間の運転を控える 2.雨の日の運転を控える 3.長距離の運転を控える ・安全に走行できるルートを選ぶ <速度抑制> ・制限速度を守って運転する ・スピードを出さないで運転する ・自分が優先であっても見通しの

川崎市多摩区で交通事故によるむち打ちや怪我施術に力を入れております。 早期対応が、後遺症を残さないために重要です。ご相談ください! 7月11日(月)~20日(水)までの10日間、 交通事故防止運動週間が実施されます🚓 今年のスローガンは 【交通ルールを守って 夏を楽しく安全に】 運動の重点は、 ・過労運転・無謀運転の防止 ・高齢者と子供の交通事故防止 ・自転車の交通事故防止 ・二輪車の交通事故防