• yoshifumi inagaki

9月の交通事故特徴①

9月は、月初と月末の日没時間の差が最も大きくなってきます!

日が暮れるのが早く感じる時期です🌆

9月以降は、夕暮れ時に重大事故が多発してきます。

8月に比べると、9月は36分、10月は1時間18分、11月は1時間26分、

12月は2時間13分も日没時間が早まります!!

(日の入り時間予報:9月1日18時10分・9月30日17時28分)

周囲が見えにくくなる時間帯と通勤通学やお買い物などで人や車が重なる時間帯により、

夕暮れ~夜にかけて、死亡事故や重傷事故が増加する傾向があります💦


【死亡事故が多い時間帯は?】

17時台~19時台の夕暮れが突出しています。

特に、日没後1時間に多発しているそうです!

この時間帯は、季節や地域によって差はありますが、

一般には「夕暮れ時」や「たそがれ時」「日暮れ時」などと呼ばれる時間帯です。

警察庁では、日没前後1時間を「薄暮時間帯」としています。


死亡事故を当事者別にみると、「自動車対歩行者」が約半数で、最も多くなっています。

時間当たりの事故件数についても、薄暮時間帯は昼間に比べて約4倍発生しています。

また、薄暮時間帯における自動車と歩行者の死亡事故の約9割は、

歩行者が道路を横断しているときに発生しています。


【身体の働き】

暗くなり始めた時間帯に目が慣れていないことに問題があると思います。

周りの明るさに応じて、目の周りの筋肉・細胞が働き切り替えをします!

例えると・・・自動車でトンネルに入ったときなど、明るい場所から急に暗い場所に入ると、しばらく何も見えません。細胞が働き出すのに時間がかかるためです。

その後、徐々にモノが見えてきます。これを暗順応といいます。

この働きにはビタミンAが必要で、ビタミンAの摂取が不足すると、夜盲症といって、

暗い場所でモノが見えにくくなります。


日没時間に自動車を運転する方・お休みに運転する方など

安全運転を心がけてください。


川崎市多摩区で交通事故によるむち打ちや怪我施術に力を入れております。

早期対応が、後遺症を残さないために重要です。


万が一、交通事故に遭ってしまった場合、リカバリー鍼灸接骨院にお任せください。

最新記事

すべて表示

今年の夏は暑い日が続いていましたね🌞💦 暑い日が続くと喉が乾きますよね?? その際に、みなさんは何を飲みますか🥤? ジュース🥤を飲んでいた方は要注意⚠ なぜかというと・・・ ジュースの中には、たっくさんの砂糖が使用されています😨 砂糖はストレスを解消すると聞く方もいるかと思いますが、そこに落とし穴があります😖 マイルドドラッグと言われるほど、依存性が高い食品です。 依存してしまう原因は

朝スッキリ起きれないことはありませんか?? 睡眠の質を上げる為には、就寝前の環境がとても大切です👍 そもそも睡眠の質を下げてしまう環境とは?🤔? <就寝前のNG行動8つ> 1.熱いお風呂に入る 2.コーヒーや紅茶などカフェインを含む飲み物の摂取 3.夕飯をお腹いっぱい食べる 4.寝る前にタバコを吸う 5.激しい運動 6.テレビやゲーム、パソコンの作業 7.コンビニに行く 8.夕方以降に仮眠をと

2022年8月31日 9月は、月初と月末の日没時間の差が最も大きくなってきます! 日が暮れるのが早く感じる時期です🌆 9月以降は、夕暮れ時に重大事故が多発してきます。 【歩行者の対策】 🌟明るい服装で出かけましょう。 歩行者自身がドライバーから見えやすくする工夫が大切です。 黒など暗い色の服装は、ドライバーから見えにくいので、事故を防ぐためには、ドライバーから見えやすいように、歩行者は明るい色